附下:着物買取りの種類

着物や和装小物など、使わなくなったり着なくなったものなどを処分するときには着物買取専門店を利用するようにしています。
着物買取専門店では着物の専門知識をしっかりと持った鑑定士がプロとして働いているので、安心して査定をしてもらうことができるのがいいです。これまでにも何度か利用させてもらったことがあります。
着物買取専門店にはいろいろな種類の着物が持ち込まれますが、附下という種類の着物は特に持っている人が多いといいます。
結婚式などの改まった場所で着用されることがある着物は、訪問着と呼ばれており、着物買取専門店にもたくさん持ち込まれています。訪問着と附下はほぼ同格のものと考えていいです。この2つの決定的な違いは何なのかというと衿だといえます。附下は衿の部分に柄あわせがない状態です。なので、仕立てをするときには柄合わせの必要がないというのが特徴です。
最近ではなかなか着物を着る機会も減ってきているということですが、着物好きな人はまだまだたくさんいます。なので、着物買取専門店を利用している人も多くいるということです。
着物買取専門店に附下を出すときには柄がどのようなものなのかということがとても重要なポイントだといえます。たとえば、訪問着に近い柄のものなら外出着として利用することができるということで、比較的高値がつくこともあります。また、普段着に向いている柄のものなら、小紋と同じくらいの買取価格になる可能性もあるということです。
もし、着物に合わせていた帯などがある場合は、セットにして一緒に買い取ってもらうようにすると買取金額がアップする場合があります。ただ、基本的に附下は訪問着よりも着物好きが購入することが多い着物だといえます。昔からあるような上品な柄なものも多く、着物買取専門店でもあまり大幅な値下げをされるということは珍しいです。なので、どんな状態の着物でも一度は持ち込んで査定をしてもらうようにするといいです。