着物や帯の証明書って買取りに必要?

着なくなった着物や使わなくなった帯などの和装小物などは、着物買取の専門店を利用して買い取ってもらっています。
和服好きな方などは着物買取の専門店を利用している人が多いといいます。
着物買取の専門店へ持ち込むときには、着物をできるだけきれいな状態にしてから持ち込むことが大切です。着物は保管状態がよいものほど高額査定を期待することができます。なので、定期的にお手入れをしておくようにするといいです。
たとえば、着物の生地に汚れやしみ、傷や虫食いなどがあったときは、すぐに対処してきれいな状態に戻すことが大切です。傷や虫食いなどがあった着物は専門の修理をしてくれるリフォーム店などできれいにしてもらうようにします。それから汚れやしみなどがあったときは、着物のクリーニングを行っているお店に持ち込んできれいな状態にしておくといいです。
また、高額査定で買い取ってもらうためにも、事前に用意をしておくといいものがいろいろとあります。着物がどのようなものなのかを知るためにも着物や帯の証明書になる証紙を用意しておくといいです。証紙とは、簡単にいうと、着物の産地を証明する登録商標のことです。ここで作られた着物です、と証明するためのもので、高級な価値ある着物でも本当に価値が高いものであるかどうかの見分けがつかないものなどもあります。そのためにも証紙を用意しておく必要があるということです。
この証紙があるかどうかで査定金額が高くなるかが決まるといいます。
万全の状態で着物買取の専門店に持ち込むことができるように、しっかりと着物の生地などをきれいにしておき、さらに高額査定になるために証紙を用意しておくようにします。帯や和装小物などと一緒に持ち込むようにしておくと、さらに高額になる可能性もあるので、セットにして持ち込むといいです。
着物はできるだけ未使用のものや着用回数が少ないほうがいいのですが、生地の状態をきれいにしてから持ち込むことで高額査定を期待することができるようになります。