シミのある着物は買取できる?

着物買取では、着物の種類によっても査定額に違いがありますが、さらに色や柄、流行によっても違いが出てきます。他にも、全く同じものであっても商品の状態によっても査定額が変動することになります。
キレイな着物であれば高い査定額は期待ができるのですが、着物は着て屋外を歩いたり食事をすることによって汚れやシミがついてしまうこともあります。一回でも着用したあとにはクリーニングに出すことが望ましいのですが、着物のクリーニングは高価なものでもあるので、目立った汚れが見つからなければ節約のためにそのままにしてしまうこともあるものです。その時には目に見えなくても時間とともにシミになって出てくることもあり、久しぶりに着ようと思ったらシミが目立って着るにも恥ずかしくなってしまうことがあります。シミぬきのクリーニングはさらに高価な処理ともなってしまい、落とせない可能性も出てきます。このまま捨てようか迷っているのであれば、着物買取を利用してみるとちょっとしたお小遣いを手に入れることができるかもしれません。
しかし、着物買取でもシミがあるような状態の悪いものはキレイな着物ほどの査定額が付くこともありません。場合によっては買取不可能ということもあるのですが、店舗によっては状態の悪い着物であっても買い取ってもらえることがあります。
着物買取店では、落とせるようなシミの状態であればクリーニング処理をするので買い取ってもらうことができます。しかし、落とせないようなものであっても、着物としてではなく別の物として活用するために買い取られることもあります。シミがある部分を省いて生地として使用し、和風のバッグやポーチなどを作る素材として利用されることもあります。また、海外でも日本の着物は人気があるので、日本らしい柄や色のものになれば多少のシミであれば輸出用として買い取られることもあります。買取前の査定は無料で行われているので、買い取ってもらえるかどうか査定だけでも受けてみるといいでしょう。