評価の高い作家の着物かどうか

着物買取りの際に値打ちが左右される1つには、その着物が有名な作家が作成したかによります。
有名な作家とは、人間国宝や伝統工芸士またはデザイナーによって作成された着物になります。
その他にもタレントさんなどがプロデュースした着物も有名作家として認められる場合もあります。
では、代表的な有名作家や特徴を説明します。
着物世界で巨匠と呼ばれている、久保田一竹氏は世界的に有名な着物作家です。辻が花の第一人者であり、室町時代に作られ江戸時代に姿を消した辻が花を伝統技術にオリジナルの技法を加えて再現した着物です。フランスでも栄誉ある賞を受賞しパリやニューヨーク、ベルギーの美術館で個展を開催しました。海外では人気と評価も高く、代表作の『富士山夕立の後の富士』はなんと3億円の値が付きました。
由水十久氏は、加賀友禅を代表とする作家であり、加賀友禅は草花模様が代表です。人物をモチーフとして中でも代表作の童子は躍動感がありストーリー性があるのが特徴です。童子一体が数百万以上の価値があり、二千万円以上の訪問着も多くあります。
松井青々氏は、京友禅の第一人者であり、たたき染めの技法が有名です。その技法とは植物の色素で布を染め松竹梅の縁起物を描いて金箔を施しています。
木村雨山氏は、現代加賀友禅の第一人者になります。伝統的な加賀友禅を絵画的にぼかした上に、濃淡を施して独自のぼかし技法を取り入れています。多くの弟子や孫弟子も加賀友禅作家として活躍しています。
着物を皇室献上した藤井寛氏は、華やかな中にも上品さがあり色合いは皇室だけではなく、一般の女性の方達にも評判が高く比較的手ごろな価格で購入できます。
この様に有名作家が作った着物は高値がつきます。着物買取りの際には、証紙や桐箱を必ず付属し少しでも高く買い取って頂きます。もちろん高級な着物でも、保管状態が悪いと着物買取りの査定の時に全く値が付かない場合があるので、汚れやシワはもちろんの事、カビや虫食いなどに注意する事が大事となります。