着物のリサイクルと廃棄処分どっちが得?

古い着物が有りますが、例えば自分が小さい時に着た七五三の着物や、20歳の成人式に着た着物類、沢山の思い出の詰まった着物や、夏に着た浴衣、またはお茶や日舞などのお稽古事で使用した着物なども、本当はもったいないなという気持ちもありつつ、引っ越しなどでどうしても着物を手放さないといけない状況の時などには、リサイクルの料金と廃棄処分では一体どちらが良いのかと誰でも悩む事があるはずです。それでは、廃棄処分ではいくらなんでも、買った時にはとても高くて、それに利用回数もそんなにはなく、品物としての状態もまだまだ良い品。という場合には、実際にリサイクルの引き取り料金はいくらなのでしょうか?と考えてみます。では、実際にリサイクルショップなどに足を運び着物を探してみますとショップによっても着物を取り扱うお店と、そうではないお店があります。そんな中、売値はといいますと、品物の状態がとても良い物だとしても1万円弱が大半ではないのでしょうか。また、結婚式の打掛なども取り扱うお店もありまして、見るのも楽しめると思いますし、買う側からするとお宝商品に巡り会えるというメリットもあるかもしれませんが、では一体全体実際の引き取り料金はどうなるのかという疑問になります、売値の大体10分の1以下になるケースが多いと思います。それぞれのお店の場所などによっても異なると思いますが、つまりリサイクルのサイクルをみますと、売る側よりも買う側にメリットが多いような感じです。廃棄処分よりは俄然ましではないのでしょうか。でもリサイクルのシステムでも、自分自身で売る方法ではかなり利益が得られる場合もあります。その方法とは、今人気のネットなどのフリマアプリです。このようなシステムを利用した場合には、料金も自由に決められます。このようなシステムなどを利用できる事を考慮した上、色々調べますとなんだかリサイクルの方が、お得なように感じられます。