ポリエステルの着物って売れるの?

着なくなった着物を処分したい、と思ったときには着物買取の専門店を利用するようにしています。
着物買取の専門店ならきちんとした専門知識がある鑑定士が査定をして、その品物にあった価格で買い取ってくれるからです。
ですが、着物処分ができる着物買取の専門店でも買い取ってもらえないものもありました。それが生地がポリエステルで織られた着物です。
着物買取の専門店で買い取ってくれる着物の生地は、基本的に正絹のものです。正絹というのは、絹100パーセントで織られた生地のことで、この生地で作られているものは高級なものだといえます。ポリエステルや化学繊維の生地で織られているものだと、査定をして値段をつけられたとしたも二束三文どころか、安い価格でしか買い取ってもらえない可能性が高いです。もしくは買い取り拒否をされてしまう可能性もあるので、着物買取の専門店へ持ち込むときには、事前にそのお店のサイトなどで正絹以外の生地のものでも買い取ってくれるのか、ということを確認してから持ち込むようにしておくといいです。
ポリエステルの生地で作られた着物はほとんどがはぎれとしてリサイクルされるか、もしくは買い取り拒否をされる場合が多いので、そのことも考えて着物処分をすることが大切です。
また、着物買取の専門店で高額査定を期待することができるのは、正絹の生地で作られているもの、未使用のもの、有名作家の作品や老舗呉服店のもの、有名なブランドのものなどが多いです。ほかにも、正絹の生地でサイズがフリーになっているものの場合は確実に買い取ってもらうことができる可能性が高いです。
着物と一緒に帯や小物類などを一緒に持ち込んでセットのようにして査定をしてもらうと、査定金額がアップされることもあります。着物の保管状態がよいことも大切です。
着物処分を考えているというときには、着物の状態をチェックして、できるだけきれいな状態にしてから持ち込むようにすると査定金額をアップしてもらえます。