色留袖:着物買取りの種類

着なくなってしまった着物や使っていない和装小物などが何点もあったので、処分しようと着物買取の専門店へ持ち込んだことがあります。
着物買取の専門店では専門知識があるプロの鑑定士が持ち込まれた着物を査定して、その品物にあった金額を提示してくれるので、安心して査定をしてもらうことができます。リサイクルショップでも着物を買い取ってもらうことは可能なお店もありますが、専門知識を持ったスタッフがいないことが多く、ネットなどの相場を参考にして買い取られてしまう可能性があります。その結果、その品物にあった価格ではなく、二束三文の安い価格で買い取られてしまう場合もあるといいます。そのようなことにならないためにも、鑑定士がいる着物買取の専門店へ持ち込むといいです。
着物買取の専門店で買い取っている着物の種類で多いのは留袖や訪問着、振袖、小紋、紬など、いろいろなものがあります。そのなかでも留袖は既婚女性の第一礼装として、もっとも格の高い着物です。絵羽模様で、裾にだけ柄が描かれているというのが特徴だといえます。
黒留袖と色留袖があって、必ず紋が入っており、黒留袖には染め抜きで日向五ッ紋を入れることが多いです。
黒留袖は既婚者しか着用することができないのですが、色留袖は既婚者だけではなく、未婚者でも着用することが可能です。また色留袖は紋の数によってその格が変わるので、そのことを知っておくといいです。三ツ紋、一ツ紋なら披露宴や祝賀会など、祝儀のときに着用する第一礼装として着られることが多いです。
着物買取の専門店へ持ち込むときには、事前に着物をしっかりとチェックしておくことが大切です。着物の買取価格はその着物の状態によって大きく変わります。普段のお手入れ次第でその着物の価値が大きく変わってしまう場合もあります。なので、定期的にしっかりと陰干しをしたり、クリーニングなどに出して、きれいな状態にしておくことが大切です。