高く売るための着物の保存方法

着物買取に出したいときには様々な事情があると思いますが、少しでも高額で買い取ってもらいたいものです。着物買取に出す前にポイントとなることは、着物の保存状態です。どのように着物を保存したらよいのか、着物の手入れの仕方にはどのようなものがあるのかをまとめました。
まず、着物の保存方法についていくつかの注意点があります。着物の最大の敵は、湿気と虫です。着物は絹製品が多数を占めています。実は絹はとても湿気に弱いのです。さらには虫の大好物です。これを防ぐには完全に締め切った状態が良いのかというとそうでもありません。通気性も保管には大切な要素なのです。
昔の人々は着物の保管に適している物として、桐箱の中に保管をしていました。桐箱は適度な通気性があり、防虫効果も高いので着物の保管場所としてはパーフェクトだったのです。しかし、桐のタンスはかなりの高額です。そこでお勧めなのが洋ダンスや衣装ケースです。この場合には保管場所も気をつけて選びましょう。できるだけ湿気の少ない風通しの良い場所が良いです。また、ときどきタンスや衣装ケースの扉や蓋を開けて風を通しておくと良いです。
日本には、虫干しという習慣があります。せめて1年に一度は着物を保管場所から出して、風通しの良い場所で風に当てるときれいな状態を保ちやすくなります。
着物の手入れ法については防虫剤を入れて保管するようにしましょう。ただし、古くから使われている樟脳は他の揮発性の防虫剤と一緒に使うと化学変化を起こす場合もあるので、1つの引き出しやタンス、衣装ケースには1種類の防虫剤を使用した方が安全です。呉服店などではウコン染めの布に着物を包んで保管をすることもあります。ウコンには防虫作用があるので、においもつけずに保管することができます。
また、着物買取に出す前にシミや汚れなどがないかチェックをしておくこともお勧めします。シミがあった場合には着物の染み抜き専門店できれいにしてもらってから買取に出した方が高値がつきやすくなります。