着物をクリーニングに出してあるか

着物買取りでは、訪問着や留袖、振袖などの着物の種類によっても査定額が変わるものであり、また同じ種類の着物であっても色や柄、サイズや流行によっても査定額が違ってきます。
他にも、買取り後には商品として販売されることになるので、すぐに売ることができるような状態であることも高い査定額をつけてもらうためには重要なことです。査定ポイントの一つには商品の品質という点があり、汚れやシミ、傷やスレなどがあれば新品であるよりも査定額は下がってしまいます。着物の場合、和装専用の肌着を着用した上から着ることになるのですが、それでも衿元に汚れが残ってしまったり汗によって裏地にシミが出てしまうということもあるものです。これは、着用した後に手入れを行わずに放置してしまうことで後から浮き出てしまうこともあり、クリーニングに出さずに長期保管をしていた時には後から気が付くことも多いものです。このままの状態であれば着物買取りに出してもよい査定額は期待ができないので、クリーニングに出してきれいな状態にしておけば見た目の良さから査定額アップの期待ができます。
しかし、着物は特殊な素材でもあることからクリーニング代は高額になってしまいがちです。もしかしたら査定額よりもクリーニング代の方が高くついてしまう可能性もあり、そうなれば何もせずにそのまま捨ててしまった方が損をしなかったことにもなってしまいます。
着物買取り店の中には、たんに買取をして販売をしているだけの店舗の他にも自社でクリーニングを行う技術を持っている店舗もあります。査定額が下がるとしても、シミや汚れが付いた状態で買取に出せば、後から損をしたということにもなりません。また、クリーニングは汚れを落とすために強力な洗剤を使用しているものであり、一度でもクリーニングに出すことによって全体的に生地にダメージを与えてしまうことにもなります。過去にクリーニングに出したことがあるかどうかも査定ポイントとなるので、汚れがあってもそのまま買取りに出した方が良いケースもあります。