アンティークの着物ってどんな着物?

アンティーク着物は一般的に、江戸末期から昭和の初め位までに作られた着物を指します。化学繊維が存在しない時代には木綿や麻を素材とした着物を着ていましたが、それ以外でも絹で織られた天然染料で染められた着物が当たり前でした。お金に困ると質草にするほど価値のある絹の着物でしたが洋装の普及に伴い着用されなくなり、その後はウール素材の着物が着用されるようになって、現在では絹の着物は晴れの日の訪問着や付け下げが主流になっています。アンティーク着物は愛好家の間で人気の着物で、独特の色や模様が今も多くの需要があります。時代時代の特色が模様や色に表れているのがアンティーク着物の良さともいえるでしょう。
アンティーク着物を入手するには当時の着物に詳しい専門家がいる店に行くのが一番の方法ですが、少ないのが現状です。専門店が近くにない時は骨董市や掘り出し市で探せばてにはいることもありますが、その他に着物買取りを利用する方法があります。着物買取りは自宅に眠っている着なくなった着物を買い取り販売しているお店です。アンティーク着物を購入するときの注意点は、色柄が気に入ったからと言ってサイズの確認を怠らないことです。着物は本来誂えるもので既製品ではないためサイズが豊富とは言えません。身丈や裄丈の確認を怠るといざ着ようとしたときからだに合わなかったということもあり得るので注意しましょう。アンティーク着物愛好家の中には生地だけでも欲しい人もいるので着用に難があっても高額で取引されているのが普通です。日常的に着用されていた着物は、裾がすり切れたりお尻の部分が薄くなっていることが考えられ、大事に保管されていた着物でも年月の経過とともに劣化している恐れがあるためチェックします。時代が古くなるほど生地の色の変化やシミが目立つ着物があるので、購入の際は目的に応じて値段と状態の見極めが大事です。帯も現代のものより短い傾向にあるので注意しましょう。